クロダイ・チヌ

チヌパワー激重 使い方とブレンド紹介

2018年4月27日

マルキユーのチヌエサで最も重たいエサが登場しました。深場攻略もこれでできそうです。

その名もチヌパワー激重。名前からもその重さが伝わってきます。製品の特徴や使い方を見ていきましょう。

 

チヌパワー激重の特徴は

まずこの製品はマルキユーのチヌえさ製品の中でも最も重量があり早く沈みポイントをつくることができるのが特徴です。

まとまりもよく 遠投することもでき、遠くのポイントにもえさがバラけることなく届きます。

 

10秒間に約3.4mの速さで沈みます。

 

粒子が細かいためまとまりも良く、マキエを海底にためてチヌを寄せる釣り方には特に有効です。深場や潮流の速いエリアでも、かたまりの状態で海底まで到達。1点にためることで、確実にポイントを形成します。その重さで向かい風にも負けず、圧倒的な遠投力で沖のポイントも攻略が可能です。

 

大切なこと

マルキユーインストラクターの大知豊氏に使い方とブレンドを伺ったところ

まず、大切なのがしっかりと均一に混ぜること。これは決してチヌパワー激重を使ったえさに限りません。

 

同じ粘り具合とまとまり感を持続しながら、的確な場所にマキエを打つためには、均一な状態のエサが必須となります。大知インストラクターは渡船前にコンクリートを混ぜるトロ舟とシャベルでえさを混ぜ合わせています。

 

こんなトロ箱や

 

シャベルを使います。

 

トロ舟が3000円ほどシャベルが1000円ぐらいです。

 

これがあれば、面倒なエサづくりが非常に楽になります。

 

また、バッカンのエサを混ぜるのにもシャベルは非常に使いやすいです。冷凍されたオキアミを崩すのにも使えます。かさばらないのであれば車に置いておいてもよいかもしれません。

 

激重のブレンドは?

さて、オキアミと単品でも十分に使用可能なチヌパワー激重ですが、

少し集魚力が欲しいところです。

 

インストラクター大知豊氏のおすすめのブレンドはチヌパワー激重にチヌパワーDASHを追加することです。

チヌパワーDASHには4種の集魚効果のあるタブレットが入っています。

 

このタブレットが海中をひらひらとアピールしながら落下しながらアピールし、海底に激重の重さとDASHのまとまり感でポイントを形成します。

 

チヌは底を釣れと言われますが、潮の流れにとらわれず海底にポイントを形成し、集魚効果のあるタブレットが海底に落ちているところにえさを通すのです。

 

 

 

 

水温が暖かくなり、エサ取りが多くなってきたときには、食わせエサを練りエサに変えてみてください。この練りエサを使った釣りが夏場から秋口にかけて大活躍してくれます。

 

 

おすすめしているのが
食い渋りイエロー  です。

 

大知インストラクターが愛用しており、数々の釣果実績が裏付けている信頼できる食わせエサです。

ただし、冷凍製品となりますので、小量ずつ使い使わない分はクーラーで保存してください。

 

 

また使う前に少し水を加えてしっかりと揉みこむと、こうすることでさらに粘りがでて針にしっかりと残り、簡単にエサ取りにやられてしまうこともなくなります。さらにチヌがくわえたときの弾力も増すため、食い込みもよくなります。

 

チヌパワー激重+チヌパワーDASH+オキアミ3Kg+水(適量)

 

これがチヌパワー激重を使う上で、効果的なブレンドとのことです。

 

 

私の個人的なブレンドとしては、

チヌパワー激重1袋に白チヌ半袋、チヌパワー半袋でオキアミ3キロです。

海底にエサを留めて、遠投を可能にするチヌパワー激重に海底からの潮の流れに濁りを作って集魚するV10 白チヌ。この濁りが重要だと考えます。

 

そして、集魚性能は全国で実証済みのチヌパワーで、海底、濁り、集魚で寄せてきます。

 

 

激重のまとまりを増すために、エサを混ぜ合わせるときには、押しつぶすようにしてしっかりとエサの間にある空気を抜いてあげてください。こうすることで、吸水も促進され使いやすいエサに仕上がります。また、粘りも出てくるため遠投も可能になります。

 

 

水深が浅い場合

さすがに、水深5mのところで激重で底にエサを集めるというのは、使いにくいため、水深の浅い場所では、ナンバー湾チヌⅡをお勧めします。


マルキュー(MARUKYU) ナンバー湾チヌII

 

 

 



 

 

 

 

 

 

-クロダイ・チヌ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.