クロダイ・チヌ

ウキダンゴX 使い方とブレンド

2018年5月8日

ウキダンゴX。その名の通りウキダンゴで使用する配合エサです。

製品の特長を見ていきましょう。

製品特徴

紀州釣り・ウキダンゴ釣り専用設計の新製品の感想です。

バラケ性能が非常に良く、ダンゴの芯が残りにくい設計で、紀州パワーと比べると少しざらっとしたさわり心地だと思いました。

 

 

実釣では、スムーズな崩れ方をするため、繊細な握り加減で崩れ具合のコントロールがし易くなっていました。

決して競技者専用というわけではなく、それなりに釣り方がわかってきた人にとっても、ダンゴエサのコントロールを身につけるうえで扱い易いエサになっています。

 

また、従来の紀州釣り用の配合エサに比べて、集魚効果も高く、
サナギ、コーン、スパイス、ムギも配合されています。

内容量は4kg入りです。

オススメのブレンドパターンは

ブレンドで使用するなら
ウキダンゴX 1袋に+海水100cc +細びきさなぎ200cc +アミエビ約600cc です。

ウキダンゴXのバラケ性能を効果的にいかすために、
さなぎの油分と匂いを少量追加することで、更なる効果を高めます。
また、アミエビのエキスをバラける粒子に吸わせて少量でも、
より広範囲から魚を集めるためのブレンドとなっています。

まず、ウキダンゴXの性能をみてみたい人や、
状況に応じた細やかなブレンドを使いこなせないなと感じる方はこのブレンドをお勧めします。

ウキダンゴXは、アミエビやオキアミとの相性が非常に良く作られているため、
どちらかを配合するほうがいいかと思います。

通常アミエビやドリップ系のえさを配合してしまうと、粘りが出るため、

エサの抜けが悪くなってしまったり、

割れのタイミングがずれてしまうこともありますが、

ウキダンゴXはキレがあって非常に使いやすいです。

 

基本タックルは以下のようになります。

磯竿1~1.5号

ダイワ(Daiwa) 磯竿 スピニング 大島 1.5-53 釣り竿

リール2500番ぐらい

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ルビアス 2506H (2500サイズ)


ウキに関してはそれぞれの好みが別れるところではありますが、

私のお気に入りはこちら↓

荘司ウキ

オモリ:無しで使います。

 

ハリス1.5号、ハリ:チヌ針 1〜2号

針はマルキユーアドバイザー大知昭さんが使っている

金龍 勝負ちぬ フック ネリエ&コーン パーフェクトイエロー 1号 釣り針

を使うことが多いです。

 

 

 

 

 

ちなみに、このウキダンゴXは、

紀州釣りだけでなく、かかり釣り(筏釣り)にも使うことができます。

ダンゴの割れのスムーズさは、かかり釣りのほうがわかりやすいかもしれません。

 

かかり釣り場合のセッティングは以下のようになります。

 

竿は

 ダイワ チヌ竿 飛竜 イカダ 150P・V

リールはこちらがおすすめ
ダイワ(DAIWA) リール BJイカダ 70L

ライン:フロロ1.5号
クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 7lb


ラインに関しては

フロロカーボンのこのシーガーが非常に優れています。

かかり釣りだけでなく、バスはもちろん、トラウトや磯釣りにも使え

非常に強度があり、私のお気に入りです。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

ウキダンゴXを使って

新たな釣りを展開してみてください。

-クロダイ・チヌ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.