ジグ・ルアー

ハタジグの使い方 【エコギア】真鯛炸裂

2018年6月1日

「ハタジグ」はハタ系ロックフィッシュをターゲットに想定した

キャスティングジグなのですが、真鯛にも使えます。

エコギアプロスタッフの川畑プロの釣果です。

当日は冷たい東寄りのやませが吹きおろし、

出船も危ぶまれましたが、何とか出船時刻を大幅に遅らせての出船となりました。
気温も一桁の5度と、この時期にしては寒すぎるコンデションでした。

やませの風が吹いている日は、経験上、魚の活性も乏しく、

タフコンディションを想定しておりましたが
予想を遥かに超えるタフな状況で、

開始から3時間ほど船中沈黙の状態が続きました。
私も「活性の落ちている鯛はボトム付近に落ちているだろう」と予想し、
タイラバのバーチカルスタイルでひたすら探っておりましたが、一向にコンタクトすらありませんでした。
かすかに、中層、上層部に潮目を感じておりました。

4時間が過ぎ、気温も少し上がってきた頃合いに、

当日乗り合わせた人の中層引きのジグに、

待望の真鯛がヒットして上がりました。

その後もジグに反応してか?ポツポツと釣果が上がるのを見て、

「鯛は浮いている」と確信し、

持ちあわせたハタジグにスイッチし、一投目投入。

30mくらいでラインスラックを回収し、ふた巻き目でカツカツと真鯛特有のアタリが!
すかさずアワセを入れると、ドン!!! ドラグが一気に鳴り出し、瞬間的に良型の真鯛と確信。
丁寧なやりとりを心がけ、無事キャッチに成功です。

salt1_0514.jpg

salt2_0514.jpg

今季のファースト真鯛は、婚姻色の入った立派な雄の魚体でした。
嬉しー!

すかさず、HJ07:グロウストライプゴールドにチェンジして、連続ヒットが続きました。

salt3_0514.jpg

salt4_0514.jpg

salt5_0514.jpg

乗り合わせたアングラーがキャッチした真鯛よりも、

ハタジグを使用してキャッチした真鯛の方が、

ひと回り良型の魚体でした。

潮もゆるかったという要因もありますが、

ハタジグは35gと軽量なので、

ヒラヒラとしたフォールのスローダウンゲームの展開が効いたものと思われます。

タックルですが

<タックルデータ 1> ベイトタックル
ライン:PE 0.8号 リーダー:フロロ 3号

<タックルデータ 2> スピニングタックル
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 3号

出展:エコギア

 

 

使用したハタジグは

エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ09 グロウストライプレッド.

エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ07 グロウストライプゴールド.

となっています。

 

 

ハタジグはヒラ打ちを誘発するテールベンドと、

テーリング(フックの糸絡み)が起きにくいウエイトバランスを持たせてあり、

さらに立ち上がりの早さは特筆ものです。

フォール時は側面で抵抗を受け、横姿勢での不規則なスライドフォールを発生。

フリーでもテンションフォールでもレスポンスのよい攻めが可能です。

ロッドアクションに対しては横への移動距離が極めて短いうえ、

ラインスラックが水平姿勢を生み出すことで

アピールする間を極力長く効果的に取ることができます。

ハタ系ロックフィッシュはもちろん、フラットフィッシュにも高実績。

深化を続けるハタゲームにおいて、新たなアプローチの武器となるでしょう。

カラーバリエーションは


エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ09 グロウストライプレッド.


エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ05 アカキン.


エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ07 グロウストライプゴールド.


エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ03 コッパーアジ.

エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ01 ブルーイワシ.

エコギア メタルジグ ルアー ハタジグ 35g HJ04 コットンキャンディー.
となっています。

同じくエコギアの川畑プロの釣果です。

私は遊漁船業を営んでおりまして、

先日、スーパーライトジギング釣行の際に

お客様と一緒にロッドを出させて頂く機会があり、

その時の模様をお伝えしたいと思います。

水深は20~50mと比較的浅めの岩礁帯のポイントを攻めるため、35gのハタジグを手に取りました。

ターゲットは東北を代表とする魚、アイナメ、ソイ類です。

とてもナチュラルにヒラヒラとフォールするハタジグのアクションに、

間違いなく魚達は高反応を示すだろうと予想しておりましたが
......予想はすぐに的中!!

ハタジグ爆発です!!
30cmアップのメバルを筆頭に、アイナメ、クロソイ、マゾイ、エゾメバル。

rock1_0621.jpg

rock2_0621.jpg

rock3_0621.jpg

rock4_0621.jpg

rock5_0621.jpg

rock6_0621.jpg

 

rock7_0621.jpg

rock8_0621.jpg

rock9_0621.jpg

特にアイナメは、型もそろって高反応でした。手軽で繊細な感じがハマりそうです。
スローなアクションで誘い、バイトは圧倒的にフォール時に集中しておりました。

皆さんも東北でも手軽に楽しめるハタジグゲーム......、トライしてみてはいかがでしょうか。

もちろんハタにも使えます。

瀬戸浩司プロの釣果報告です。

 

初夏になり岸から狙うハタゲームが熱い季節になりましたね~
ハタゲームがブームになり始め、多くのアングラーをフィールドで見かけるようになりました。
それに伴って、メジャーなエリア等では魚がスレてきてルアーへの反応が鈍い......と感じる事が多くなりました。

そこで次の一手!
さらに遠くのあまり攻められていない竿抜けポイントを、ハタジグでテンポ良く探ってみると活性の高い良型が連発。

rock1_0720.jpg

rock2_0720.jpg

rock3_0720.jpg

rock4_0720.jpg

rock5_0720.jpg

rock6_0720.jpg

私のハタジグの使い方は、ベイトフィッシュがいて活性が高い場合は
キャストしてボトムを取り、ただ巻きに近いワンピッチジャークで20回くらい巻き、

再びボトムを取る。コレの繰り返しです。
活性が低そうな場合は、スローなロングジャークでフォールを多くするとリアクションバイトしてきます。

カラーは、朝マズメなどのローライト時はゴールド系。陽が登ってハイライトの時はシルバー系に反応が良い感じです。

ハタジグは、名前の通り「ハタ」に効くのはもちろんですが、「ヒラメ」などの魚にもバッチリ効きます。

rock7_0720.jpg

そんなメタルジで狙うハタゲーム、皆さんもハタジグで竿抜けポイントを攻略してみませんか

<タックルデータ>
ロッド:

ノリーズ(NORIES) ロッド ロックフィッシュボトム 710M
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 5号
リ グ:ハタジグ 30g
出展:エコギア
 

 

真鯛。ハタ。カサゴ等々

なんでも釣れるハタジグを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

-ジグ・ルアー

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.