クロダイ・チヌ

沼津の重寺港でチヌ釣り!釣果の報告

2019年5月1日

静岡県沼津にある重寺港にチヌ釣りに行ってきました。カゴ釣りで有名な場所で、魚影は濃い場所です。

重寺港について

この場所は、駐車場完備でトイレも併設されており、堤防の足場も安定しており広さもあります。

初心者の方や女性にも釣りのしやすい漁港です。

駐車料金が一日で400円かかります。地元の方が釣りをしていると回収に来ますのでお支払いください。

昔は、ルアー釣りが出来たそうですが、現在はルアー釣り禁止とのことです。お気をつけください。

 

釣果の報告

夜明け前に、漁港に到着し、配合餌の準備をします。

今回は、チヌメインとなるため、重たい餌を選びます。

重寺港は、水深が13m以上あるため軽い餌では流されてしまいます。当日は小潮だったため潮の流れは緩やかでしたが、大潮の時は川のように流れます。

当日のエサ

チヌパワー激重 一袋

爆寄せチヌ 一袋


サッとオキアミ 二袋


海水 適量

刺しエサ
くわせオキアミスペシャルチヌ
食い渋りイエロー

しっかりと混ぜ合わせたら、空気を抜くように練りこみ、圧力をかけてまとまり感を増しておきます。

これで海底まで持つエサとなり、海底にポイントを作ります。そこにサシエを流し込みくわせるようにしていきます。

今回は冷凍のオキアミを3キロ買って行きましたが、カチコチに冷凍されていたため、サッとオキアミでした。

これでもチヌなら十分です。ただし2袋入れます。

 

 

タックルは

磯竿1.2号
リール2500番
道糸2号
遠矢ウキ遠投SP 5B
ハリス1.25号
チヌ針2号

でハリス2ヒロとって、底に這わすようにタナをとります。

日の出前の暗い中、まき餌を20投ぐらい撒いて、仕掛けを流した時に、1枚目が釣れました,

45センチほどののっこみチヌです。

 

いいあたりというよりは、ムズムズとウキが入っていくような感じでした。

そこから、夜が明けて綺麗な富士山が見えました。

 

 

 

 

日の出前は非常に寒く、風も強かったのですが、太陽が出てからは少しずつ暖かくなり釣り日和となってきました。

そうこうしていると堤防の手前まで、小魚が入ってきて、子鯖や木っ端グレ、ネンブツダイが群れでいました。

そこに撒き餌を撒くと魚群が出来上がるほどたくさん寄ってきました。

試しに釣って見るとすぐ釣れます。

魚の活性が上がってきているようでしたがチヌはなかなか釣れてきません。

午前11時半ごろに一緒に来ていた友人が30センチほどのチヌを釣り上げます。

こちらのチヌはアフターのようで、ガリガリにやせ細っていました。

昼食のカップ麺を作りながら午後の撒き餌を作り、後半戦に挑みます。

水中カメラを入れてみます。
小魚がの群れが水族館のようで綺麗ですね。

後半戦は、配合餌に激荒を半袋入れて挑みます。友人はサナギとコーンに食ってきたとのことでしたので、私もサナギとコーンをつけて挑みます。

しかしかじられることもなく戻ってくるため、再び、練り餌の食い渋りイエローに戻したところ3投目でウキがスッと消しこんでいきました。すかさず合わせを入れてチヌが釣れました!

水深のある釣り場では、しっかりとそこまで持つエサを選び、ポイントを作っていくことが重要なようです。

チヌを浮かせて釣る場合と底に集めて狙う場合で、タックルや配合餌を選んでいくことが重要だとわかりました

 

-クロダイ・チヌ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.