アジ

飛ばしサビキの完全セット新登場。サビキ釣りのコツを掴んだ製品。

2019年7月16日

サビキ釣りのシーズンとなりました。

海にはサバやアジ、イワシなどが回ってきています。

サビキ釣りで他の人は釣れているのに自分だけ釣れない…といった状態にならないように、オーナー社の新製品をご紹介しましょう。

 

ぶっ飛びサビキ完全セット

道糸を通して引くだけで簡単にサビキのセットができる新製品です。

特徴

扱いやすく投げやすい、全長1m&4本鈎です。竿に干渉することも少ない長さで、無駄なく使うことができます。

波止場であれば3-4mほどの竿が使いやすいでしょう。

 

 

ピンク&ケイムラギジでどんなシチュエーションにも対応!!できます。

大物にも安心の太ハリスでトラブルも激減!!

ウキ止糸仕様でガイド抜けが良く、飛ぶ!!

視認性の良いウキでアタリ明確になりました。

 

 

適度なハリスの感覚で、糸がらみの心配もありません。

タカミヤ社からもウキ付きのサビキがでています。

 

 

サビキ釣りのコツ

サビキ釣りのコツとしては、エサを打ち続けて魚を足止めすることです。少量のエサでたくさんの魚を釣ろうとしてもなかなか難しいものです。釣果とエサの使用量はある程度は比例してきます。

たくさんエサを撒けば魚が釣れるというわけではありませんが、エサは多いほうが釣れる可能性は高くなります。

 

どんなエサ?

サビキ釣りで使うエサは、アミエビという小さなエビを使います。

 

釣具店で冷凍されたものがブロックで売られています。しかし、これはかなり臭いが強く、中国産のものは、手に着くとかゆくなったりします。そこでおすすめしているのが、アミ姫と爆寄せサビキです。

少々割高にはなりますが、常温保存できキャップ付きですので使いたいときにいつでも使うことができます。

 

また、アミエビ特有の臭いにおいもなく、どこかフルーティーな匂いになっています。

お子様や女性の方でサビキ釣りをするのであれば、非常に使い勝手がいいでしょう。

 

サビキ釣りのコツ

サビキ釣りのコツとしては、小さな針を使うことです。

大きな針は、大きな魚がかかった時に安心感がありますが、そもそも魚の釣れる可能性が下がります。

 

 

アミエビと同じぐらいの大きさの3号ぐらいの針を使うことをおすすめします。

 

 

ウキを使う

サビキ釣りのコツとしてはウキを使うことです。

長い竿は人の届かない場所を攻めるのに有効ですが、それよりもウキをつけてしまえば、遠投できるようになり、今まで竿が届かなかった場所も狙うことが可能になります。

 

ウキの付いたサビキは、ウキのないサビキに比べて遠くの場所を攻めることができる点で有利になります。

 

 

また、ウキの付いたサビキ釣りであれば、サビキの針を潮に乗せて流すこともできます。垂直に攻めるだけでなく水平に魚のいる場所に針を持っていくことができます。

 

 

次の釣行では、ウキ付きのサビキを使い、周りの人よりもたくさんの魚を釣ってみてください。

 

 

 

 

-アジ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.