クロダイ・チヌ

チヌ釣りのポイント【堤防編】遠投がいい?

釣り場に到着して、わくわくしながら今日はどこで釣りをしようか?と悩む方もいらっしゃるかと思います。人が集中しているところは人気のポイントに思われますが、果たしてそうなのでしょうか?

 

チヌを釣るためのポイントを考察していきましょう。

なぜ堤防にチヌがいる?

堤防はチヌを釣るためにはもってこいの場所です。潮の流れも比較的緩やかで、足場もよく場所によっては、駐車場やトイレまで完備してあり、釣りがしやすい場所です。

 

海岸沿いに作られた堤防は様々な構造をもち、潮の流れが堤防にあたり変化しやすく、砂や泥、岩盤や捨石、テトラポッドなど、入り組んだ地形となっているため、チヌのエサであるカニやエビ、甲殻類、イガイや虫類といった生物がたくさん生息しています。

エサが豊富にある堤防は、まるでホテルのビュッフェのように様々な食を楽しむことができる場所になっています。

堤防も種類が多い

堤防といっても場所や役割によって様々な形をしています。海岸から突き出ただけの一本堤防というものだったり、その堤防の先が曲がっていてT字であったりコの字あったりします。波抜けのスリットが入っている堤防や、消波ブロックが積まれた堤防、石積みをしただけの石積堤防というのもあります。それぞれに魚の居つく場所がおおよそは決まってきますが、一概に言えないところが難しい点です。

ケレップ水制, Meeresbuhne, 石盛土, デンマーク, バルト海海岸, 防波堤, 沿岸保護, 長い

 

堤防は波の消波が目的であったり、船着場になっていたり、河口域で淡水との分かれ目になっていたり、様々な目的で作られています。

チヌがいる堤防のポイントは?

一般に釣れると言われているポイントは、水深が浅いところでは少しでも深くなっている場所で、全体的に水深が深い場所であれば、海底が盛り上がっていたりして少し浅くなっている場所、周囲と比較して相対的に変化しているポイントにチヌは居つきます。

 

海底が平らで、砂地であれば、底の段差に照準を絞り、起伏が激しい岩礁交じりのポイントであれば、岩礁よりも少し浅いぐらいをタナにして釣るとよいでしょう。

 

堤防の形によっても変わってきますが、注目すべきは海底の変化とケーソンなどを設置する際に投入された捨石や基礎ブロックです。海底の様子は潜ってみなければ分かりませんが、肉眼でも海の色や波の様子が変化していたり、Google Mapの航空写真を参考にすると、海の色が違って見えるとろがわかるかと思います。

 

消波ブロックが入っていればブロックの切れ目や隙間をチヌは好みます。港出口にある船道は、チヌやその他の魚が出入りする場所でもあり、魚道と言われています。港内にもエサは豊富で、海が荒れた日などは、外洋向きよりも港内に魚が入ってくることが多くなります。春から夏にかけては内湾の船道が大型のチヌを狙うことのできる好ポイントと言われています。

 

 

 

場所によっては、養殖用のイケスが設置されていることもあり、イケスの周辺は飼料のおこぼれをもらいに来た魚が多く集まります。養殖イケスの近くを攻めるときは、魚粉系の多い配合エサを使うか、練りエサなどが有効になります。

 

沖に遠投したほうがいい?

初心者に方に多いのが、とりあえず沖を狙うという釣り方です。沖合いには大きな魚がいるような感じはしますが、実際に魚は意外と近場を回遊しています。魚は何もない場所を回遊するのではなく、障害物となるものの回りを回遊して身の危険があれば隠れたり避難できるようにしています。沖に何か岩礁や藻場があれば、警戒心の薄い魚を狙うことができますが、たいていは沖合いの障害物は台風や嵐時に強い波があたるため流されたり壊されたりして平らになってしまいます。

 

理想的なのは、手前の障害物から、少し離れた沖合いのポイントです。いつでも隠れる場所が近くにあり、配合エサの濁りが目立ちます。障害物から少し距離があると釣れたときに岩や根に潜られにくいため、チヌを釣ることができる確立が高まります。

 

まとめ

プロの釣人であっても、初めての釣り場では地元の釣人のほうが釣れることはよくあります。エサやタックルだけでなく、ポイントという大きな要因を知っているかどうかは釣果に大きく影響してきます。釣り場のポイントやクセは、足繁く釣り場に通い地元の人に聞いたり、自ら学んでいくしかありません。釣れなくても試行錯誤を繰り返し、自分のフィールドを見つけることが大切です。

 

 

参考までに本の釣り場マップを見ていくのも良いでしょう。

-クロダイ・チヌ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.