クロダイ・チヌ メジナ・グレ

フカセ釣りは集魚材だけで釣れる。撒き餌の必要性を検証

釣具店に並ぶ様々な集魚剤ですが、基本的にはフカセ釣りではオキアミを入れることを推奨されています。

グレを狙うにしても、チヌを狙うにしてもオキアミなしで集魚剤だけで魚を釣ることはできるのでしょうか?

集魚剤のみで釣れるのか?

 

結論;集魚剤のみで釣れる!

 

集魚剤にオキアミなどを入れなくても魚を釣ることは可能です。

 

集魚剤は魚を集めて、針についたエサを食わせるための誘導材です。

 

集魚剤は、水中で拡散することでハリスをカモフラージュしたり、遠方から魚を寄せたりする機能も備えています。

 

オキアミは、集魚機能にプラスで、さらに集魚性能を高めたり、針のついているエサを魚に違和感なく食わせるためのものです。

集魚材は魚種によって配合内容が変わるのでなんでもいいというわけではありません。

チヌやグレなど魚によって釣り方や使うエサの種類も変わってくるので、魚種を分けてみていきましょう。

 

グレは集魚剤だけで釣れる。

グレ釣りを一日するとなると3kgのオキアミ板を3枚、4枚と必要になったりもします。

オキアミなしでは、グレ釣りは難しいと思われるかもしれません。

 

しかし、ここで使うオキアミの大半はグレ(メジナ)が口にするのではなく、ほとんどが餌取りが捕食するエサとなります。

 

グレ釣りのフカセ釣りにおいて大切なのはマキエワークといい、いかにして餌取りと本命のグレを分けて、グレのみを釣り分けるかといった技術が必要になります。

 

それにはどの場所に撒きエサをうって餌取りを寄せて、本命のグレと分離するのかを考えてエサを撒かなければいけません。

魚を寄せるのであれば、集魚剤の集魚効果でも十分となります。

 

グレのおすすめの集魚剤は?

集魚剤のみの単品使用でグレのフカセ釣りをするのであれば、爆寄せグレがおすすめです。

視覚的にアピールしてくれるペレットの粒が魚を誘います。また、オキアミを入れなくても、オキアミやアミエビエキスからなる高集魚エキスのハイパードリップ配合で、旨味成分が溢れ出します。

 

海水1500cc 加えるだけで完成するので、遠征の釣りの予備エサとしても使えます。

 

爆寄せグレのデメリットとしては、内容の粒子が荒いのでまとまりがありません。

 

 

そのため遠投には不向きで足元狙いの釣りがメインになります。

 

また、高集魚かつグレ餌としては高比重となっているので、魚を浮かせて釣るというのが難しいエサです。

 

集魚剤のブレンドは?

爆寄せグレにまとまりとグレの食いを促進するには、グレパワーVSPをブレンドするとよいでしょう。

グレパワーVSPは、主にトーナメント仕様のエサですが、着水と同時に拡散するので水面直下から攻めることができます。

 

また、まとまり感もあるため、ヒシャク離れも良くて遠投が可能です。

 

爆寄せグレとブレンドすることで、遠くも浅場も攻めることができます。

 

集魚素材であるMSPというペレットが配合されており、オキアミなしでもオキアミに似た効果を発揮してくれます。

 

爆寄せのペレットとグレパワーVSPのマルキユーシンクロペレットMSPでしっかりと魚を呼び込むことができます。

 

チヌは集魚剤だけで釣れる。

チヌ釣りにおいても、集魚剤だけでチヌを狙うことは可能です。

チヌ釣りにおいて集魚剤は、濁りやニオイなどで魚の興味を惹くことが重要になります。

基本的にはチヌは底付近を回遊していることが多いので、自分の釣りたいポイントにエサを投入して魚を底の一点に集めて釣りをします。

 

かかり釣りなどでは、粉エサを中心に、オキアミを加えずにそのままの集魚剤で釣りをすることもあります。

速釣ダンゴなどは、握ってそのまま使うことができる餌です。

 

これだけでも十分に使うことができるので、チヌ釣りにおいても必ずしもオキアミは必要ではありません。

オキアミよりも激荒のような、

さなぎやコーンの方が餌取りにも強くチヌの好む集魚成分が多いようにも思います。

粉エサに激荒を加えることで、よりチヌに特化したエサになります。

 

集魚剤だけでチヌを釣るなら

チヌ釣りの集魚剤のおすすめは、

チヌパワームギスペシャルです。

チヌ狙いの主役となる色と大きさの違う麦と大粒のコーンが視覚的なアピールに最適です。さなぎエキスを凝縮したチヌにこれだ!

も配合されており、魚を寄せて長時間足止めしてくれます。

 

足元から沖目まで攻めることができるまとまり性能もあるので非常に扱いやすい集魚剤でしょう。

 

浮いたチヌ狙い

足元や潮の流れの中でチヌをフカセ釣りで狙うのであれば、爆寄せチヌもおすすめです。

ハイパードリップと酵母を配合しているので集魚力が高く、赤や緑のタブレットが配合されていたり、麦やコーンなどの粒子も多くなっています。

少しパサついたエサになりがちのため、遠投には不向きです。

足元に撒いたり、潮にのせて使うと良いでしょう。

 

オキアミは不要?

集魚剤のみで、オキアミなしでも魚を釣ることはできますが、オキアミは完全に不要なのかというとそういうわけでもありません。

 

前述した通り、オキアミは餌取りを集めるのにも必要なエサです。

餌取りが多く集まることで、大型の魚があそこにエサがあると認識し、ここのエサは食べても大丈夫だと警戒心が薄れていきます。

 

また、隣や近くでオキアミを使って釣りをしている人がいる場合には、集魚力で怠る可能性があります。

 

やはり、生のオキアミの集魚力は強く、小魚も集めやすいため、対抗するには集魚剤の量や撒き方を工夫する必要があります。

 

とは言え、魚を集めたからといって本命の魚を釣り上げることができるかというとそこは別問題です。

餌だけでなく仕掛けやタックルなどトータルのバランスで釣りは成り立っているため、ハリスの長さやウキの浮力、ガン玉の打ち方など、工夫次第では、集魚剤のみでも十分に釣りは成立するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-クロダイ・チヌ, メジナ・グレ

Copyright © fishing-fishing.com , All Rights Reserved.