クロダイ・チヌ メジナ・グレ マダイ

カゴ釣り用のおすすめPE ライン【決定版】リーダーや号数の選び方

2022年10月2日

カゴ釣りにPEラインを使うことはできるのでしょうか?

遠投するならよく飛ぶのではないかと考える人も多いかと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 遠投カゴ釣りでPEラインを使ってみたい人
  • おすすめのカゴ釣り用PEラインを知りたい人
  • PEライン用のウキ止め糸を知りたい人
  • PEラインのメリット、デメリットを知りたい人

 

カゴ釣りにPEラインは使えるか?

結論から言うとPEラインはめちゃくちゃ使えます

PEラインはどちらかというとスピニングタックルで遠投カゴ釣りをする人にとっておすすめのラインになります。

もちろん両軸の遠投リールでも使えなくはないのですが、両軸リールの構造上PEラインのメリットをいかすことが難しくなります。

その点スピニングタックルであればPEラインはカゴ釣りにとって最強のラインともいえるほど、遠投にも適したラインです。

 

それではカゴ釣りでPEラインを使用するメリットやデメリットなどを見ていきましょう。

 

 

カゴ釣りのPEラインのメリットとデメリット

 

PEラインのメリット

カゴ釣りでPEラインを使用することのメリットはなんといっても遠投できることでしょう。

PEラインは、同引っ張り強度のナイロンラインと比較しても半分ほどの細さの号数を選ぶことができます。

ラインが細くなる分空気抵抗が少なくなり、遠投カゴが非常によく飛びます。

 

また、PEラインによっては数十メーターごとに色分けしてあります。

そのためどのぐらい飛んでいるかが分かりやすく、狙った距離であったり、前の一投で釣れた場所など同じ距離に合わせてポイントを定めることができます。

PEラインのデメリット

しかし、PEラインにもデメリットはあります。

それは糸が軽くて風に弱いことです。

 

カゴ釣りだけでなく釣りの天敵とも言える向かい風や強風は、PEラインを使用している人にとっては非常に厄介な存在です。

PEラインは軽いので、風にあおられやすく、ウキを引っ張って流されたり、竿先に糸ふけが絡んだりとトラブルが多くなります。

 

近年では比重が重たいPEラインPEG5のようなものも発売されています。

しかし号数が1号までと細いところしかなく、超遠投するためには3号程度の太さは欲しいところです。

堤防や漁港などさほど遠投せずに使うのであれば使いやすいかもしれません。

 

私の使っているおすすめのPEライン

 

それではどのようなPEラインがカゴ釣りにおすすめかというと、各社4種類ほど使ってきて最もよかったのがこちらのPEラインになります。

 

クレハ(KUREHA)社のPEライン

シーガー PE X8 です。

 

基本的な号数は3号がおすすめです。

ラインの太さ3号で12号から15号のオモリを使っていますが、切れたことはありません。

 

長さは200mもあれば遠投は問題ないでしょう。

150mでは、潮に乗せて流した際にラインが足りない場合がでてきますので、200mは欲しいところです。

 

 

 

下巻きも面倒であれば300mでも全然問題ありません。

300mにして何回か使用した後に裏返して使用する人もいます。

私は気分的にラインは新しいものを使いたいので毎回買い替えますが、裏返しの使用はコスパはいいかもしれません。

 

8本撚りを推奨

ご紹介したPEラインは8本撚りとなります。

4本撚りのPEラインは強度もあり安いので好んで使われる人も多いかと思いますが、遠投をするカゴ釣りではライン断面が円に近いほどよりスムーズにラインが放出され飛距離もアップするので8本撚り、もしくは12本撚りなど撚り数の多いものを推奨しています。

PEラインはナイロンラインなどと比べて耐久性もあり長く使うことができるので、少しでもいいものを使うことをおすすめします。

 

リーダーは不要

PEラインを使用する場合リーダーを組むのが一般的ですが、カゴ釣りにおいては余計な絡みを防止する意味でもリーダーは必要ないかと思います。

もちろんあってもいいのですが、リーダーとPEのノット部分がガイドに干渉して飛距離が落ちることがあります。

 

また、根ズレを起こすような場所ではなく上層から中層を攻める釣りになりますので、ラインが根に擦れるということはめったにありません。

極力余計なものは取り付けないほうが、カゴ釣りにおいては優れていると言えるでしょう。

 

PEラインを使ったカゴ釣りのウキ止め

PEラインを使った場合にはウキ止めゴムもそれに対応したものを使うとしっかりと止まってくれます。

おすすめのPEライン対応のウキゴムはこちらです。

第一精工のウキ止めゴム キングです。

ピンク色でウキ止めの位置が見やすく、動かしても緩みにくいゴムでできています。

強く締めすぎるとパツッと切れてしまうのが難点ですが、うまく止められれば次の釣行でもつかるほどしっかりとウキを止めてくれます。

 

カゴ釣りでは1か所だけでは、竿をあおった時にウキ止めの位置がずれてしまうこともあるので、ウキの大きさ分をあけて2か所止めにしてあげるのもいいでしょう。

 

タナを変更したときにどのぐらいタナを変更したかもわかりやすいですし、一か所目が外れてしまっても予備で止めることができます。

 

 

フカセ釣りなどされる方や更に詳しくは以下の記事をご参照ください。

ウキ止め糸のおすすめ紹介。PEライン対応のウキ止めは2種類

ウキ止め糸のおすすめ紹介。PEライン対応のウキ止めは2種類

 

まとめ

 

ここではカゴ釣りに使用するPEラインのご紹介とおすすめのPEライン、そのメリットやデメリットなどをご紹介してきました。

 

PEラインを使用することで今まで届かなかったエリアにカゴを飛ばすことができたり、ウキをひったくるような大きなあたりが竿先までダイレクトに伝わってきたりと今までのカゴ釣りと違った面白い釣りになります。

私はナイロンラインからPEラインに変えてから、ナイロンラインに戻そうという気持ちもなくなるほどになりました。

 

釣具の進化によってさらに釣りが楽しくより奥深いものになるのだと思います。

みなさまも釣りの探求心を忘れずに様々な釣り方を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

カゴ釣りウキのおすすめと遠投できるウキ紹介。号数や夜釣り用のウキの選び方

カゴ釣りウキのおすすめと遠投できるウキ紹介。号数や夜釣り用のウキの選び方

その他

2022/12/9

おすすめの釣り用のキャリーカート紹介【電車対応】ダイソー品はおすすめできない。

釣りに行くとなると荷物が多く、重たいクーラーボックスなどを運ぶのは大変です。そこでキャリーカートを検討している人も多いのではないでしょうか。 ここでは、電車釣行にも使えるおすすめのキャリーカートをご紹介します。   目次1 私の使っているおすすめのキャリーカート1.1 おすすめの理由①:タイヤがしっかりしている1.2 おすすめの理由②:ハンドルが持ちやすく安定している1.3 おすすめの理由③:耐荷重50㎏1.4 おすすめの理由④:折りたたみでコンパクトになる1.5 おすすめの理由⑤:安くなった! ...

ReadMore

クロダイ・チヌ メジナ・グレ

2022/12/7

夜のフカセ釣りでチヌやグレを狙う仕掛け。夜釣りの撒き餌や釣り方解説

フカセ釣りは道具さえあれば夜釣りもすることができます。暗闇の海に電気ウキがスパッと入っていくのがとてもおもしろい釣りです。 ここでは夜のフカセ釣りでチヌやグレを狙う仕掛けや夜釣りの撒き餌そして釣り方などを見ていきましょう。   目次1 夜のフカセ釣りの仕掛け1.1 ウキ1.2 ハリス1.3 針1.4 撒き餌1.4.1 堤防から狙う夜のフカセ釣り1.4.1.1 水深が5m以内の場合1.4.1.2 水深が5m以上の場合1.4.2 磯から狙う夜のフカセ釣り1.4.2.1 サラシを狙う場合1.4.2.2 ...

ReadMore

クロダイ・チヌ

2022/12/5

チヌの練り餌おすすめの実績ランキング。何色が一番釣れるのか?

チヌの練り餌も様々な種類があり、どの色の餌が釣れるのかわからない人もいらっしゃるかと思います。 ここでは、釣れた実績を元に、チヌの練り餌のおすすめランキングを作成いたしました。 それぞれの練り餌の特徴や使い方などをご参照いただければと思います。   参考までに、家の冷凍庫にあった分ですが、約2回分の使用量になります。     ここでのランキングは個人的使用感と釣れた実績を元に作成したものであり、必ずしもどこの釣り場でも当てはまるものではないということを念頭に、ご自身の釣りの参 ...

ReadMore

クロダイ・チヌ メジナ・グレ

2022/12/4

フカセ釣りにおすすめのコマセバッカン紹介。ロッドホルダー装着可能【実物画像】

フカセ釣りに欠かせないアイテムのひとつにコマセバッカンがあります。 ここでは、私の使っているおすすめのコマセバッカンをお見せいたします。バッカンの使い方やサイズ、使用感や各パーツの詳細を見ていきましょう。 この記事は、こんな方におすすめ 実際に使っているおすすめのコマセバッカンを知りたい人 バッカンの使い方やサイズなどを知りたい人 ロッドスタンドが装着できるバッカンを探している人   目次1 おすすめのコマセバッカン1.1 なぜおすすめなのか?2 バッカンはなぜ必要?いらない?3 バッカンのサイ ...

ReadMore

トラウト

2022/12/2

トラウトのプールフィッシング攻略法。おすすめの最強ルアーを厳選。

冬季になると水上公園などのプールが釣り場に変わり、本格的にプールフィッシングが始まります。 手軽に行けて、料金もお手頃なので軽々しい気持ちでいくと、管理釣り場よりも難しい釣り場であることもしばしばです。 あなどれないトラウトのプールフィッシングで釣るための攻略法とおすすめのルアーをご紹介します。   この記事は、こんな方におすすめ プールフィッシングの攻略法を知りたい人 プールトラウトをやってみたい人 おすすめルアーを知りたい人   目次1 プールフィッシングの攻略法1.1 噴水や水車 ...

ReadMore

当記事が参考になりましたら 釣りブログ応援クリックをお願い申し上げます。   にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村

-クロダイ・チヌ, メジナ・グレ, マダイ

Copyright © fishing-fishing.com , All Rights Reserved.