クロダイ・チヌ マダイ アジ

カゴ釣りウキのおすすめと遠投できるウキ紹介。号数や夜釣り用のウキの選び方

2022年10月5日

カゴ釣りをするにもたくさんウキが販売されておりどれがいいのかわからないという人も多いでしょう。

ここではおすすめのカゴ釣りのウキと遠投するのに適したウキなどを見ていきましょう。

この記事は、こんな方におすすめ

  • カゴ釣りのウキを探している人
  • カゴ釣りで遠くに遠投したい人
  • 夜釣り用のカゴ釣りウキを探している人
  • カゴ釣りをはじめて見たい人

 

 

 

カゴ釣りに最適なウキ

カゴ釣りをするのに樽カゴを使う人以外はウキが必要になります。

カゴ釣りのウキは遠投しても見やすく、カゴが重たいのである程度浮力の大きいウキが理想的です。

 

カゴ釣りウキの選び方

カゴ釣り用のウキは、12号程度を基準に選ぶとよいでしょう。

使用するカゴの号数を確認しそれと同じか、少し大きい号数が使いやすいです。

メーカーによって、オキアミをカゴに詰めた状態を基準にしていたり、オモリの重量だけを記載していたりと様々です。

 

基本的にはウキとカゴのメーカーをそろえるようにして浮力を合わせるのがおすすめです。

ウキの種類がたくさん増えてくれば、それぞれのカゴに合わせてウキを変えてみるのも面白いでしょう。

 

 

もう一つは夜釣りにも対応しているかどうかです。

夜釣り対応であれば羽の上部にケミホタルなどを差し込める穴があいています。

 

基本的に羽のついている大型のウキであれば、ケミホタル用の穴はついていますが、一部昼専用のウキもありますので購入の際には注意が必要です。

 

 

ポイント

ウキは12号を基準にケミホタル用の穴のついているものを選びましょう。

 

 

おすすめのカゴ釣りウキ

それではカゴ釣りにおすすめのウキを見ていきましょう。

 

渚の遠投師

私が現在使っており最もおすすめしたいのが、この渚の遠投師です。

最近では関東近郊の釣具店でも販売されていることも多くなりましたが、数年前はなかなか手に入れることができませんでした。

 

優れている点としては、

優れている点

・飛行時の安定性

・遠投性能

・見やすさ

 

があります。

 

まず、バランスよく作られていて軽量であるため飛行時の姿勢が安定しています。

それにより糸がらみが少なく、余計なトラブルが非常に少なくなっています。

 

また、飛行姿勢が安定しているのでその分飛距離もでます。

大き目の羽がついているので、遠くからでも見やすく、ウキ自体のバランスを保ちやすいので飛行時のブレも抑えられています。

 

※2022年10月 Amazonでは売り切れてしまっているようです。

 

昼用モデルと昼夜兼用のモデルがあり、夜釣りに対応しているウキはLEDのライトがついてきます。

ケミホタルよりも明るく、遠くからでも見やすいです。

 

せっかくであれば数百円しか値段差はないので、夜釣り対応のウキをおすすめします。

 

 

ピアレ 超遠投ウキ

 

ピアレフィッシングの遠投用のウキです。

ボディー自体に羽が埋め込まれており全長を短く浮力を大きくしたことが特徴的なウキです。

両軸リールでナイロンライン6号を使用し100m近く飛ばしたい人にはおすすめのウキです。

ただし、ほかのウキと比べて少し高価です。

 

私も以前使っていましたが、羽がボディーについているとロケットのようで、どちらかというと羽はウキの軸についていて欲しいと思っていて、友人にあげてしまいました。

使い心地は悪くないですし、よく飛ぶウキなのでデザインが気に入るかどうかの問題ではないでしょうか。

 

サニー商事 アポロウキ

アポロウキなのでやはりロケットのイメージなのでしょう。

ピアレの遠投ウキと同様に、ボディーに羽が埋め込まれているタイプです。

飛行姿勢は綺麗で、着水もスムーズです。

優れている点としては、形状はピアレ遠投ウキとあまりかわりませんが、値段が半分ぐらいとなっているところでしょう。

いきなりピアレを使うのは少しハードルが高いなと感じる方は、まずアポロウキから試してみてはいかがでしょうか。

 

 

遠投レッドウイング

 

釣研から販売されている遠投レッドウイングです。

同様のモデルでブラックウイングもあります。

プニプニとした独特な弾力のあるボディーで、耐久性に優れており、全身真っ赤なのでよく目立ちます。

カゴ釣りだけでなく、泳がせ釣りやサビキ釣りなどでも使うことができます。

 

価格はそこまで高くはありません。

ケミホタルの75サイズがウキのトップに装着できるので、夜釣りにも使うことができます。

 

 

 

 

 

 

遠投カゴサビキ

釣研より発売されているカゴ釣り用のウキです。

 

サビキ釣りなどでウキを使いたい人や、カゴ釣りでもそこまで遠投するわけではない人などライトなカゴ釣り向けのウキになります。

 

そこまで大きくないので、邪魔にならず、手前のほうをカゴ釣りで狙う際に使用しています。

ケミホタルの50

が対応しているので、湾内などで夜釣りのカゴ釣りでアジを狙うときには使いやすいモデルのウキです。

 

遠投カゴとは記載されていますが、そこまで飛ぶようなウキではないなというのが正直なところです。

 

キザクラ(kizakura) レッドエース

私はサビキ釣り用に10号を使用しています。

釣研の遠投カゴサビキよりもさらに手前を狙ったりライトなタックルで釣りをするときにはキザクラのレッドエースを使用します。

ここまでくるともはや少し品質のいいサビキウキとも言えます。

値段も1000円もしないので、タックルボックスにあれば使いやすいウキの立ち位置です。

 

遠投電気ウキスワン

夜釣りには遠投電気ウキ スワンも見やすいウキです。

明るくていいですが、遠投には正直向いていないなといった感想です。

夜釣りメインでイサキ狙いなどの方は候補のひとつとして使ってみるのもいいかもしれません。

 

 

まとめ

ここではおすすめの遠投カゴ釣りのウキについてみてきました。

メーカーによってもウキのどの部分にこだわっているのかが異なります。

遠投性能かデザインか、それとも見やすさか。 ご自身の求めている性能にあったウキが見つかれば釣りもより面白くなるでしょう。

 

カゴ釣りではウキだけでなく、リールや道糸、カゴなどにもこだわりを持つとさらに楽しくなります。

ここで紹介したウキで、人よりも遠くに飛ばし、スバっとウキが消し込む楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

カゴ釣り用のおすすめPE ライン【決定版】リーダーや号数の選び方

カゴ釣り用のおすすめPE ライン【決定版】リーダーや号数の選び方

 

当記事が参考になりましたら 釣りブログ応援クリックをお願い申し上げます。   にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村

-クロダイ・チヌ, マダイ, アジ

Copyright © fishing-fishing.com , All Rights Reserved.