クロダイ・チヌ

濁りオカラってどんな製品?特徴は?

2018年8月10日

マルキユー発売の濁りオカラとはどんな製品なのでしょうか。

その使い方や特徴についてみていきましょう。

オカラの濁りで寄せる

海底で龍が舞い上がるように

煙幕を作り上げ魚を魅了します。

視覚による集魚を目的としています。

 

かかり(筏・カセ)釣り用ダンゴのベースエサ

フワッとしたソフトタッチで握りやすい特殊なオカラ(おから)素材を

マルキユー独自の比率で配合しています。

着水と同時に強烈な白い濁りの帯をつくりながら沈下するため、

クロダイ・チヌの警戒心を解き、

潮下からも呼び寄せることが可能となるダンゴエサです。

 

単品で10秒間に5.5m沈下する重さを備えているので、

従来のあらゆるダンゴ素材とも相性が抜群です。

 

「ニュー赤だんごチヌ」や「パワーダンゴチヌ」といった人気のベースエサをはじめ、

お好みのダンゴエサとブレンドすると、

握りのタッチにふんわりとした感触と白い濁りをプラスすることができます。

手につきにくいので手離れがよく、打ち返しもスムーズです。

 

一日中ダンゴを握っても疲れにくく、釣りに集中できます。

ブレンド例のご紹介

「濁りオカラ」1袋+「ニュー赤だんごチヌ」1/2箱(約6kg)+海水2,000cc
(※後は手水で調整します)

 

 

・「濁りオカラ」1袋+「パワーダンゴチヌ」分包1袋(約6kg)+海水2,000cc
(※後は手水で調整します)

 

単品使用例

・「濁りオカラ」1袋+海水1,600cc
(※水分量は目安です。お好みや釣況に合わせて加減。※海底まで持たない場合は「チヌパワー」、「メガミックスチヌ」などネバリのある配合エサを少量ずつ加えて調整します。)

単品使用は集魚力の点であまりおすすめしません。集魚成分の強いものを加えて使うことをおすすめします。

 

 

 

 

濁りオカラというだけあって

濁りとバラケ性は非常に高く、

アピール度は高いですが、その分まとまり感は少なめです。

比重は比較的重くなっています。

 

集魚成分が少ないため、

激荒やチヌにこれだ!、チヌパワーなどをいれて

少し集魚力を上げてあげるといいでしょう。

アミエビやオキアミ、激荒などをいれるのもいいでしょう。

 

 

濁りオカラを使って新たな釣技が生まれそうです。

店頭で見かけた際は、使ってみてください。

 

 



 

-クロダイ・チヌ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.