ヘラブナ

三和新池 釣果報告

2019年1月15日

新ベラの入った冬の三和新池に行ってきました。

釣果の報告です。

三和新池情報

  • 所在地茨城県古河市尾崎568
  • TEL0280-76-4440
  • 営業時間4月~9月 全日6:00~15:30
    10月~3月 平日6:30~15:30
    土日祝6:30~15:00料金一般:平日1,600円 土日祝2,000円
    65歳以上:平日1,000円(土日祝と例会は除く)
    女性・子供(中学生以下):1,000円
  • 規定竿8~19尺
  • タナ、第一オモリ上部より浮子止めゴムまで1m以上

三和新池のお昼ご飯は弁当です。

各600円で、唐揚げ、親子、ビビンバ、マーボー丼、油淋鶏などがあります。

私は油淋鶏にしました。

 

入場料金は

新べらが入っていましたので、参考までに。

午前6時半入場で、西桟橋の東向きが空いていましたのでそこに入りました。

急激な気温低下で桟橋は凍っており、魚のもじりもなく例会が3組ほど入っていたため、人が多く今日は厳しくなりそうです。

 

スタートは、様子見で、8尺のチョーチンウドンセットにしました。反応がなければ、9尺、10尺と伸ばし、そのまま段底でもしようかなと考えました。

 

三和新池の定番は12尺から15尺ほどのメーターのウドンセットですが、

事務所から最も遠い桟橋の沖打ちでなければ、この時期に新べら爆釣はないなと思われ、今日はメーターセットは断念しました。

 

本日のタックルです。

竿:シマノ 飛天弓 皆空 8

道糸:

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン パワード へら道糸 50m 0.8 イエローオレンジ

ハリス:
サンライン(SUNLINE) ハリス パワード へら ナイロン 70m 0.3 クリア

ハリ:

上 6cm
オーナー(OWNER) バラサ 5 10767

下 20cmから50センチまで


OWNER(オーナー) バラ 10707 ヘラプロスト 3
ウキ:【弘月作】聖(ひじり)《チョウチン・セット用》

【サイズ表】
B/羽根2枚合わせ T/グラスムク(0.5-1.0mm) 1.0mmカーボン足
サイズ トップ(cm) ボディ(cm) 足(cm) 全長(cm) 羽根径(mm)
17.0 4.5 10.5 34.0 6.5
18.0 5.0 10.0 33.0 6.5
19.0 5.5 9.5 34.0 6.5

スタートは弐番からで、最後はゼロ番でした。

 

 

 

エサ:粒戦100cc+とろスイミー50cc+水200cc+セット専用200cc+スーパーセット100cc

スタートから80回ほどかき混ぜてやわネバの状態で始めます。

 

食わせエサ:

力玉、力玉大粒、感嘆、サナギ玉、サナギ感嘆

 

バラケなしで食わせエサをぶら下げてウキのトップが1目盛りだけ出るように設定し、抜きのチョーチンセットで始めます。

 

作りたてのエサは、かなり柔らかくできているため、ウキになじみ幅が出た後すぐに抜けてしまうような感じです。

これで手返しよくウキの反応をみながらエサを打ち続けます。

そのうちにエサの吸水が進み、少し粘りが生じてきます。

 

こうなった時に少し持たせたほうがいいのか、手水を足して柔らかいほうがいいのかを探っていきます。

 

スタートしてから30分ほど経ったときに、

食わせがぶら下がってウキのトップが1目盛り出ている状態で少し待っていたところ、魚のあおりで2目盛り目が見えるようになり、2秒ほどするとストンッとウキが入りました。

 

今日はあまり誘いすぎないほうがいいのかなと思いながらネットインです。

池の状況としては、朝から段底で釣る人とメーターで釣る人が多いように感じました。桟橋に近いほどジャミが多く、ウキにもツンツンと当たってくることがありました。

 

徐々に活性が上がってきて、10時ごろまではのぼり調子になります。

 

しかし、11時半を過ぎると太陽がしっかり出ていることもあって状況が少し変わります。釣れている人は釣れているため、今までやっていた釣り方と同じ釣り方が通用しなくなってくるようです。

 

 

おそらく、お昼の弁当が運ばれて、例会組が事務所に向かい桟橋をあるくため、それがプレッシャーになったりもしているのだと思います。

昼後はコーヒータイムです。

すごく寒い冬の釣り場で飲むコーヒーは最高です。

 

 

 

8尺のチョーチンだと新べらはないかなと思っていましたが、たまに出るヌッと入るあたりで、1㎏級の新べらが釣れました。

 

 

 

最終的に釣果は28枚で、15㎏ちょっとでした。

当日の池の頭が19㎏、2位が18㎏、3位が17㎏だったため、池全体で5位ぐらいだと思われます。もう少し長竿でやっていればと悔やまれましたが、良い勉強となりました。

 

近々の釣果を掲示しておきます。

 

やはり強い釣り方は、東桟橋の沖目のメーターウドンセットですね。

当日は風や流れがほとんどなく、どんな釣りも釣りやすい状態でした。

 

 

新べらも釣れたことですし、そこそこ満足のいく釣りができたと思います。

 

冬は冬なりの釣りがあるなと感じた一日でした。

 

 

 

 

 

 

-ヘラブナ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.