ジグ・ルアー

ノリノリタコライダー 使い方とその効果

2018年5月1日

ノリノリタコライダーが人気で、メーカーの在庫もないような状態だと上州屋の店員が言っていました。

追記)ようやく再生産されたようです。

 

お待ちかねのノリノリタコライダーにはどんな効果があるのでしょうか?見ていきましょう。

タコライダーの効果

こちらはタコ釣り専用の誘引剤で、タコジグといわれるタコ専用の疑似餌にスプレーするだけで誘引効果を付加することができる優れものです。

スプレーした感じだと、いかにも魚介製品ですよといった

えさ釣りに近い感じに仕上がります。

 

タコライダーの使い方

少し離した位置からシューっと吹きかけるだけですので簡単です。

 

匂いだけでなく味もプラスでき、広範囲からタコを呼び寄せることができます。

タコの好きな魚介の抽出物を配合しているため、疑似餌に違和感を与えずにがっつりと抱かせることができます。

 

タコは匂いにも非常に敏感で匂いを感じた時の行動範囲は、捕食モードに入るためいっきに広がります。

釣果もしっかり上がっています。

 

補足ですがタコは捕食時には

↓のように動き回ります。

 

ノリノリタコライダーは、感覚的にはイカ用のエギマックス

 

のタコバージョンで、蛍光剤が除かれて、タコの好む魚介性の油分が添加されています。

 

エギマックスでもタコ釣りに使うこともできますが、もう不要ですね。

 

 

私はこのエギマックスをバス用ルアーやタコジグにも利用していたため

専用製品のタコライダーはこれからの時期のタコ釣りには必須となりそうです。

 

 

岩陰や堤防の隙間などタコジグで攻めきれなかった場所からタコを誘い出せるのが最大のメリットではないでしょうか。

 

 

ノリノリタコライダーの人間の感じる匂いは

くさいツナ缶のような感じです。

部屋の中で使うと家族からひんしゅくをかいますのでお気をつけてください

 

 

 

このタコライダーと組み合わせのいいタコジグがこれ

 

YO-ZURI/ヨーズリ タコやん 3.5号

お値段800円

 

 

投げてズル引きするだけで、タコが釣れると人気のタコジグです。

足の部分がひらひらとアピールしながら誘います。

 

このスカートの部分にノリノリタコライダーが付着することで、

誘引効果が長く続き、付着面積が大きくなるため、匂いと味の拡散が大きくなります。

濁りの強い日や活性の高いときはよりアピールするため

↓のモエビカラーを使います。

YO-ZURI タコやん 3.5号 MOEB

底のズル引きが基本となるため根掛かりがどうしても多くなってしまいます。

ストップアンドゴーで竿を大きくあおってはねかして待つという方法ならば

岩に張り付かれることなくランディングまで持っていけますが、

ヒット率は少し下がってしまうように思います。

そういった場合にノリノリタコライダーでの集魚効果を活かしてください。

 

どうも活性が悪いなという時は

↓のスケルトン夜光を使うとのってくることもありますので、

夜光の視野性能も必要なのかもしれません。


タコ釣りでは、沖に遠投し広範囲に探る方法と

堤防やテトラの隙間などを縦に探っていく方法がありますが

縦の釣りに有効なのが

ヤマシタ(YAMASHITA) タコゆらハンター

こちらがおすすめです。

タコも日によってヒットカラーが違いますので、

せめて、赤と白は持っておいてください。

また、根掛かりも多いため、

ここぞというときに予備も一つ忍ばせておくといいと思います。

 

私が明石から姫路の瀬戸内でタコ釣りをするときには、

少なくとも、遠投用4個(重さカラー違い)

堤防縦用に4個 (重さカラー違い)

車に予備3個を持っていくようにしています。

 

 

タコ釣りの参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 


-ジグ・ルアー

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.