ヘラブナ

凄麩は万能なエサ。ブレンドするならこちら。 

2019年5月9日

凄麩は両ダンゴにもセットバラケにも使える万能な麩エサです。もちろん底釣りにも使えます。
その特徴を見ていきましょう。

凄麩の特徴

凄麩のコンセプトは新たな常識をもたらしてくれるベースエサです。バラケやダンゴにも使えるため様々なエサとのバランスが非常に良い製品です。コシのあるボソが効いたエサでありながら、しっかりと芯残りし、針から簡単に落ちにくいようになっています。

両ダンゴで釣るにもちょうどよい膨らみで、調整幅も広いと言えるでしょう。持たせたいときは練りこんで対応できます。浅ダナからチョーチンまであらゆるエサのベースとなります。

汎用性の高い凄麩が最大限に威力を発揮するのは両ダンゴではないでしょうか。
どんなエサとも相性がよく、それゆえに特徴がないと思われてしまうかもしれません。

「凄麩」は性能的には凄いエサなのですが、決して我を張るような強い性格のエサではなく、むしろ他のエサの特性を引き出す力に優れているように思います。具体的には開く・粘る・重い・軽いといった個性的な性格のエサをブレンドすることで、そのエサの特徴を生かしつつも自らの性質の軸である膨らみの良さと芯残りをまったくブレさせることなく、確実に釣れるエサに仕上げることができます。

石井インストラクターの感想

凄麩は「名前も性能も凄いんだけど、実際に手で触ってみると驚くほど普通で、特徴がないのが特徴といえるくらい見た目は何の変哲もないエサなんだよな。でもこれだけのエサは未だかつてお目にかかったことはないよ。「ボソタッチ=芯残りする」なんて今までのへらエサの常識にはあり得ないこと。単に芯を残すだけなら硬くするか強烈に粘らせれば良い訳だが、それでは釣れないよね。必要なのは膨らんで軟らかくなった芯なんだ。それが実際に得られるのが「凄麩」であって、練っても練らなくても、何を混ぜても最高のパフォーマンスをするはずだよ。例えるならば“羊の皮を被った狼”ってところかな。

 

凄麩ブレンド

チョーチン両ダンゴの場合

凄麩 600cc+ガッテン 200cc +浅ダナ一本 200cc 水 200cc
軽くまとまりのあるエサになる、やや粘りは強くなるため高活性向き

凄麩 600cc+ 天々200cc +パウダーベイトヘラ 200cc +水200cc
より重くしっかりとしたタッチとなる。

浅ダナ両ダンゴの場合

凄麩 800cc+BBフラッシュ200cc +水200cc
ボソを活かした、芯残りするエサ軽めのため、ゆっくり追わせることもできる。

凄麩 300cc+ガッテン200cc +水100cc
まとまりもよく扱い易いエサ

セット釣りで凄麩を使う場合

凄麩200cc +新B 200cc+水100cc バラケマッハ100cc
浅ダナでもチョーチンでも使い易いセットのバラケとなります。

基本的なブレンドは
凄麩3杯に対して他の麩エサを2杯入れて、水を1杯入れれば完成です。

 

 

-ヘラブナ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.