ワカサギ

ハイパー紅雪の種類と使い方

ワカサギ釣りにはサシエサを使うのが一般的ですが、虫に抵抗のある方にとっては触りたくないエサでしょう。

そんな方にも安心して使うことができるエサが発売されましたのでご紹介します。

 

ハイパー紅雪

ワカサギ用の人工エサで前作の紅雪、紅雪Ⅱが食い込みを重視して改良され新しくなりました。

 

生分解性の素材で作られたハイパー紅雪は、紅雪Ⅱよりも若干大きくなっているように感じます。

もともと紅雪Ⅱが少し小さいなと感じていたためより扱いやすくなったかなと思います。

 

ハイパー紅雪の種類

ハイパー紅雪には紅ソフト、白ソフト、グリーンソフトの3種類の色があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

紅ソフト


最もスタンダードな紅色です。

紅サシがよく使われるように水中で紅色が視覚的にワカサギにアピールしてくれます。

 

ワカサギは水中を浮遊している赤虫なども好んで捕食しているため、紅色は赤虫のような疑似餌でもあります。

白ソフト

白は光を反射しやすい色です。

ワカサギは光を好む習性があるため、太陽光を反射しやすい白色は光によるアピールがしやすい色になっています。

 

またプランクトンの色にも似ているため、プランクトンを捕食している時には有効な色になります。

グリーンソフト

まだ水温の高い時期にはワカサギは浅場の植物性のプランクトンなども捕食します。

 

ワカサギはあまり視力が優れている魚ではないと言われます。

そのため、色によるアピールはかなり有効で、エサがそこにあるということを見つけてもらえるように色の選択をすることがコツになります。

 

水の濁り具合や水深などを考慮していきましょう。

 

ハイパー紅雪の使い方

ハイパー紅雪はスポンジが付属しており、そこに袋を張り付けて使います。

穴のあいているところからハイパー紅雪を押し出して、ハリをさします。

 

そのため、手を汚すことなくエサ付けすることができるので非常に便利です。

 

寄せっコと組み合わせる

ハイパー紅雪は寄せっコとの相性もいいエサです。

寄せっコ

寄せっコの使い方と効果

 

 

ワカサギ釣りのコツ

ワカサギ釣りのコツとしてはエサを動かすことです。

特にハイパー紅雪のような人工エサを使っているときには、人工物とワカサギに悟られないように生き物のように動かします。

チョンチョンと竿先をあげてみたり、ゆっくりと浮かしては自然に落ちていくように落としてみたりと様々な動きで魚にアピールします。

 

ずっと動かし続けるのではなく、定期的に魚に食わせる時間を作ってあげて食いを促進します。

 

動いていたエサが止まって今だ!とリアクションで食ってくれることもあります。

 

 

ハイパー紅雪も定期的に交換する

ハイパー紅雪には集魚成分となるうまみが含まれていますが、水中で動かしているとそのうま味が水中に溶け出てしまいます。

 

魚の食いが落ちてきたなと思ったときにはハイパー紅雪を交換してみましょう。

 

ワカサギ釣り以外にも使える

ハイパー紅雪は、赤虫のような集魚効果がありますので、ワカサギ以外の魚にも使うことができます。

野池や川のクチボソ釣りや小物釣りでも使えます。

息子が近所の池で釣りをしたときにはブルーギルばかりが釣れていました。

 

 

まとめ

ハイパー紅雪は集魚性能がアップしたカラーローテーションできる人工エサです。

ワカサギは生息している場所や水深によって捕食しているエサが変わります。

 

そのためお腹を透かしてみるとやけに緑がかっていたり、ワンドの中にいるワカサギのお腹は赤かったりと捕食しているエサによってお腹の色が変わっていたりします。

ここでは赤いエサが釣れているという情報は間違ってはいないかもしれませんが、今まで釣れていたワカサギが釣れなくなったといったときにエサの色を変えただけで食ってきたというのはよくある話です。

 

仕掛けや場所も同様にその場の状況に応じて、いろいろなアプローチをしていくことが好釣果の秘訣です。

-ワカサギ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.