メジナ・グレ

爆寄せグレの配合を評価。ブレンドするならどのエサ?

2019年5月8日

個人的に爆寄せなくしてグレ釣りは不安になるというほど信頼のあるエサの爆寄せグレの配合と他のエサとのブレンドを見ていきましょう。

爆寄せグレの配合は?

特徴と言えるのは、粗い粒子が多い点ではないでしょうか。

ムギだけでなく、フィッシュソリュブルという魚粉を用いたペレットを配合しており、これだけでも集魚性能が上級レベルになっています。

 

加えて、アミオキアミエキスやアミノ酸、酵母など、グレの好む成分が大量に配合されています。ペレットやムギがにおいと味を吸着しており、オキアミにも勝る集魚力となっています。

 

 

また、パラパラと大きな粒子が海中で降り注ぐことで視覚的なアピールにも繋がります。煙幕の中にオキアミと混ざって落ちてくる粒子はグレを魅了してくれます。

マルキュー製品の中でも集魚力はずば抜けており、比較的比重のある製品です。

 

グレが浮いてこない場合や、潮の流れが速い場合などに目の前にマキエを届けることができます。

配合エサ単品での使用は可能?

フカセをしている人ならば考えたことがあるのではないでしょうか?

配合エサだけでフカセ釣りができれば、わざわざ重たい冷凍のオキアミを買わなくても済むと。

 

爆寄せグレであればそれが可能になります。

爆寄せグレにはオキアミのエキスを吸ったペレットやムギが大量に配合されているため、オキアミがなくてもフカセ釣りが成立します。

 

試しに堤防でグレを狙ってみたところ爆寄せグレ単品でも魚は釣れます。

 

オキアミが不要になった点は非常に優れていると思います。

 

使用方法としては、爆寄せグレ一袋に海水を1500cc加えます。

 

だまにならないように混ぜ合わせれば完成です。

単品のデメリットもある

オキアミが不要でフカセ釣りが可能にはなりました。しかし大きな問題点があります。

 

それは集魚性能です。配合エサでは集魚力が優れている製品であるにも関わらず、隣でV9とオキアミ3キロを配合したマキエを撒かれるとスーッとそちらに移動する魚もいました。

 

どうやら冷凍のオキアミよりは集魚性能は怠るようです。隣が友人であったため、勝負してみましたが、やはりオキアミの方が魚が寄っていて魚が釣れていたように感じます。

 

腕次第なのかもしれませんが。単品使用と言わず、少しはオキアミを加えた方がいいかもしれません。

 

常温保存可能なサッとオキアミがあれば、予備のエサとして使えるため、便利なのではないでしょうか。

爆寄せグレとオキアミの量

爆寄せグレは単品でも十分に使えますが、やはり、オキアミは少し入れたほうがその集魚性能はあがるようです。

爆寄せグレ一袋に対してオキアミを1.5kg加えて、海水を900cc入れるとちょうど良い感じに仕上がります。

 

あとはお好みに応じて水分量を調節してみてください。

配合エサのブレンドは?

トーナメント対応の攻撃的なブレンド

オキアミ3kg +グレパワーVSP一袋 +爆寄せグレ1袋 +海水800cc

 

集魚力を最大限に上げてVSPで扱い易くなっています。食いが渋っている状況に最適です。

 

撒き餌との同調を重視するブレンド

オキアミ3kg +グレパワーV10 一袋 +爆寄せグレ1袋

グレパワーV10 の白い濁りによって潮の流れを把握しやすくなり、サシエとの同調がわかりやすくなります。

堤防や磯場の足場が高いところから攻めるときに効果的です。

万能型ブレンド

オキアミ3kg +グレパワーV9一袋 +爆寄せグレ1袋

大体どの釣り場でも通用する万能なブレンドです。

始めて行く釣り場であればこれで十分でしょう。

まとめ

爆寄せグレの高集魚力は、食いの渋っているグレにスイッチを入れるのに役立ちます。

沈下速度も比較的早いため、水深のある釣り場にも対応し、単品での使用も可能なため、エサが切れそうだという時の予備エサとして持っておくのも良いかもしれません。

 

少量でも寄せの効果はありますので、普段お使いの配合エサのブレンドに少し加えてみても面白いかと思います。

-メジナ・グレ

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.