クロダイ・チヌ メジナ・グレ

フカセ釣りにおすすめのコマセバッカン紹介。ロッドホルダー装着可能【実物画像】

2022年12月2日

フカセ釣りに欠かせないアイテムのひとつにコマセバッカンがあります。

ここでは、私の使っているおすすめのコマセバッカンをお見せいたします。バッカンの使い方やサイズ、使用感や各パーツの詳細を見ていきましょう。

この記事は、こんな方におすすめ

  • 実際に使っているおすすめのコマセバッカンを知りたい人
  • バッカンの使い方やサイズなどを知りたい人
  • ロッドスタンドが装着できるバッカンを探している人

 

おすすめのコマセバッカン

結論から申し上げます。

 

数あるバッカンの中でもロッドスタンドが付けられるバッカンとしておすすめのコマセバッカンはこちらになります。

マルキュー パワーバッカンセミハードTRⅥ

カラーはブラックとホワイトの二色展開となっています。

後述しますが、36㎝タイプと40㎝タイプ そしてショルダーベルトタイプがあります。

 

なぜおすすめなのか?

おすすめできる点としては取り外し可能なロッドスタンドがついているからです。

 

 

カスタムベルトというベルトが左右の側面に2つ装備されており、針金のフックのついた別売のカスタムロッドスタンドを装着できるようになっています。

ヒシャクスタンドのように上のフックだけで支えるものは、ロッドなどを立てかけると簡単に倒れてしまいます。

 

このマルキューのカスタムベルトタイプのバッカンは、フックを支えるループのパーツが上下に2つセットされているので、しっかりとロッドスタンドを支えてくれ、たも網などを一時的に立てておいても簡単には倒れないようになっています

 

バッカン内のエサの残りが少なくなってバッカン自体が軽くなってしまうと、バッカンごと倒れてしまう可能性もありますので、その点は注意が必要です。

 

この専用のカスタムロッドスタンドは取り外しが可能なので、車に積み込んだり、家で保管する際にも場所をとらず邪魔にならないところもおすすめできるポイントになります。

 

価格は2000円以下でそこまで高価でもありません。

カスタムベルトがマルキュー製品にしかないので、他のバッカンに取り付けられないのが難点ですが、マルキューのフカセエサを使っているのであれば、バッカンも一緒に揃えてしまうのもいいかと思います。

 

 

先におすすめのバッカンをご紹介したところで、そもそもバッカンは必要なのか?といった疑問やバッカンの使い方、収納例などコマセバッカンの詳細について見ていきましょう。

 

バッカンはなぜ必要?いらない?

バッカンなしでも投げ釣りやルアー釣りなど釣りを楽しむことはできますが、フカセ釣りにおいてはコマセバッカンは必ず必要になります

衣装ケースやコンテナボックス、バケツなどで代用しようとしても、硬すぎたり安定感が悪かったりと非常に使い勝手が悪くなります。

 

コマセバッカンは主にエサを混ぜてコマセを作るために使います。

フカセ釣りでは、集魚剤2袋+オキアミ3㎏などの量でエサを作ります。

エサ取りの多い時期などはこの倍の量が必要になることもしばしばです。

これだけのエサを混ぜ合わせるとなると専用のバッカンのほうが混ぜやすく、そしてエサも撒きやすいのです。

 

それだけでなく、バッカンは道具の収納や魚の持ち運びにも使える便利なアイテムなのです。

 

バッカンのサイズは?

バッカンにも各社で様々なサイズがありますが、主なサイズは36㎝と40㎝になります。

サイズ表記は横幅のサイズになります。

サイズ

36TRⅥ:36(W)×25.5(D)×25.5(H)cm 
40TRⅥ:40(W)×26(D)×26.5(H)cm

 

 

 

ぱっと見ではわからないぐらいのわずかな差に見えるかもしれませんが、この4㎝差というのは非常に重要なのです。

 

実は40㎝のバッカンに36㎝のバッカンを入れてみるとぴったりと収まります

 

収納してみるとこのようになります。

 

この収納の仕方が便利なのは釣りが終わって収納するときだけではありません。

 

釣りを長くしている人がバッカンをサイズ別に持っているのは、釣り場に着いてからエサを2つに分けたり、一つに水を入れて魚を活かすのに使ったりするためです。

その他にも釣り場で出たごみの収納や、釣具店で冷凍のオキアミを購入した際に一時的に入れておく容器としても使え、何かと便利なアイテムなのです。

 

それではコマセバッカンには何がどれぐらい入るのかを見ていきます。

バッカンには何をいれる?

バッカンに収納するものとしては、主にはコマセですが、リールや雨具、細かな釣り具やタオルなど釣りに必要なほとんどのものを収納することができます。

フカセ釣りに必要な水くみバケツ、エサ箱、ヒシャクスタンドなども釣りで汚れそうなものも一緒に入れて運ぶこともできます。

バッカン自体はEVA素材でできており、耐久性があり、丸ごと水洗いもできます。

そのため、バケツ代わりに使ったり、釣り場で汚れた釣り具を持ち運ぶためにも使うことができます。

家に帰ればバッカンに水を張って、その中に汚れた釣り具を入れてしまえば、そのままバッカンの中で洗えるので片付けもスムーズです。

 

バッカンの容量は?

バッカンの容量

36TRⅥ:22.5ℓ
40TRⅥ:27.5ℓ

36と40サイズでは約5ℓの違いがあります。

 

試しに40サイズにチヌとグレの集魚剤をいれてみます。

縦入れでも横入れでも 5袋収納可能です

 

釣りに行く時に5袋持っていくのであれば、36バッカンに2袋、40バッカンに3袋を分けて入れるとよいでしょう。

空いたスペースに、ヒシャクスタンドや水くみバケツ、タオルやオキアミなどをいれます。

 

バッカンは丈夫で破れにくい

薄型のバッカンで折りたたみ可能な安いバッカンも売られていますが、自立性がないとエサが偏ったり磯場で擦れて破れてしまったりしたことがあります。

その点、丈夫な厚手の生地でできているコマセバッカンは、安心して使用できます。

 

特に擦れやすい底面にグリップがついていることで磯場でしっかりと固定でき、滑りを防止してくれます。

バッカン種類

マルキューのパワーバッカンセミハード40TRⅥ にはハンドルモデルと、ショルダータイプがあります。

ホワイトモデルとブラックモデルがあります。

ハンドルタイプはハンドル幅が広くとってあることで渡船時などの荷物の受け渡しがしやすく、バッカンを持った時の安定感に優れています。

 

そしてもう一つのタイプは、防水のショルダータイプです。

 

ショルダータイプはピトン・チャランボなどを使う磯釣りに最適です。

また、荷物が重たい時にはショルダータイプのほうが肩で運ぶことができるので、比較的楽に運べます。

 

シマノ バッカンもかっこいい

シマノ(SHIMANO) 水汲み バッカン リミテッドプロ(ハードタイプ) BK-111R

シマノのバッカンもおしゃれでかっこいいものが販売されています。

私はハンドル部分が硬いのが嫌でマルキューを使っていますが、しっかりとしたハンドルで固定したい方にはシマノのバッカンのほうがいいでしょう。

 

まとめ

ここでは私の使っているおすすめのバッカンについて見ていただきました。

それぞれの釣り方やメーカーなどの好みもあるかと思いますので、本記事を参考に釣具店で見てしっくりするバッカンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

使い勝手や見た目の良さ、釣りへのこだわりの表現として気に入ったバッカンを使ってみると気分もいいものです。

 

 

他人が使っている釣り道具というのは、なかなか面白いものです。堤防からの釣りに使える道具をまとめた記事もありますので、ご参照ただければ幸いです。

堤防釣りにおすすめの道具紹介。初心者でも楽しめる便利グッズ

堤防釣りにおすすめの道具紹介。初心者でも楽しめる便利グッズ

 

当記事が参考になりましたら 釣りブログ応援クリックをお願い申し上げます。   にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村

-クロダイ・チヌ, メジナ・グレ

Copyright © fishing-fishing.com , All Rights Reserved.