メジナ・グレ

グレパワーVSP ブレンド【メジナ】フカセ釣りの集魚剤で使ってみた

2018年8月24日

マルキユー製品のグレパワーVSP使ってみました。

やや高めのトーナメント対応の高性能マキエサです。

まずは単品にオキアミ3キロを入れて

どんなものか確認しました。

グレパワーVSPはどんな餌?

袋を開けた瞬間の感想は、集魚成分の香りが強く、人間が釣られるようないい匂いというわけではなく、さすがのトーナメント対応だけあって魚を釣ることに特化している香りです。

 

ニンニクと魚粉を混ぜ合わせた動物飼料のような香りです。

 

商品画像2

 

メーカー紹介では、

短時間勝負のトーナメントを視野に入れ開発されました。集魚力の高いアミノ酸の結合体ペプタイドを増強した“新MP酵母”で寄せ、ゆっくりと沈下するオキアミを模した視覚的集魚効果のある『M.S.P(未来型<超摂餌ペレット>)』で浮かせ、さらにフェロモン系特殊誘引剤『ウルトラバイト・アルファ』でエサスレせず、食いを持続。この3つの強力な効果によりしっかりと足止めし、釣果へとつなげるメジナ・グレ用ハイグレード配合エサです。着水すると同時に拡散し、水面下から深いタナまでスロープを形成し、深ダナに潜むターゲットを上層まで誘導します。適度なネバリがあり、ヒシャク離れが良く遠投が可能です。さらにブレンドパターンで様々な状況変化に対応でき、ワンランク上の攻めが期待できます。マルキユー

 

思ったほどの集魚成分はないようですが、拡散性はあるようです。

 

 

特徴となるのはMSPでしょうか、釣れたグレをさばいてみるとしっかりとMSPを食べていました。

 

魚によってはMSPばかり食べている個体もいました。

 

同時にオキアミしか食べていない魚もいましたのでMSPは、グレの食べ物として認識されているが、グレの好みによってはオキアミのほうが好きだったりMSPのほうが好きだったりするのかもしれません。

 

 

MSPだけをグレ針3号につけてマキエをせずに釣りをしてみたところカサゴが釣れました。

 

カサゴもMSPをエサとして認識してくれたように思います。

 

 

 

さてグレパワーVSPのブレンドですが、

 

ブレンドとしては、私は白系が好きです。

 

VSPだけでは、濁りが少なく、V9などと比べても少し見にくい色でしたので、V10などの白系統はブレンドしておいたほうがいいかと思います。


マルキュー(MARUKYU) グレパワーV10スペシャル

標準通りオキアミ3キロで作ってみた感想はかなりパサつきがあって少し練ってあげたほうが使いやすいと感じました。

 

パサつきゆえに足元で魚を釣るのにはいいかと思いますが、これだけでは遠投は難しいのではないかと思います。

 

そこで超遠投を1/3袋加えてみたところ非常に使いやすくなりました。

 

人それぞれのマキエなので、一概には言えませんが、単品の仕様はおすすめできないなと思いました。

 

まとまりのある製品を少し加えるのがいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

最強のグレ(メジナ)の集魚剤ランキング。実際に使って釣れた順で撒き餌を紹介

当記事が参考になりましたら 釣りブログ応援クリックをお願い申し上げます。   にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村

-メジナ・グレ

Copyright © fishing-fishing.com , All Rights Reserved.