トラウト

ニジマス(トラウト)が釣れる餌を紹介。これで釣れる!

管理釣り場やキャンプ場などでニジマスを釣りに行くと場所によって様々な餌の種類があります。

水の状況やポイントなどによって魚が好んで捕食している餌が変わりますので、ここではニジマスが好む餌に関してみていきましょう。

ニジマスが釣れる餌

ニジマスは北アメリカの太平洋側原産の魚です。

日本でも養殖が盛んにおこなわれており食用としてスーパーに並ぶこともある魚です。ニジマスはレインボートラウトとも呼ばれ平均20~35cmぐらいの大きさになります。

食性は雑食性のため昆虫から食パンまで比較的なんでも食べてしまいます。

ここではその中でもニジマスの良く釣れる餌を見ていきます。

 

ペレット

ペレットとは小麦粉などに魚粉などを練りこんで、圧力をかけて熱した餌のことです。

 

ドッグフードやキャットフードなどと同様に、栄養バランスを考えた食品でもあります。

 

管理釣り場では、このペレットを撒いてニジマスを育てています。

普段食べている、いわば主食であるため、ニジマスの最も好む餌の一つです。

養殖している場所によってペレットの構成内容は異なります。

 

一般に市販されているわけではありませんが、よく似た製品でマルキユーのまきえペレットというのがあります。

海、川、沼など場所を問わずに使えるペレットです。

そのままでは固すぎるため、少し水につけてふやかせると使いやすくなります。

しかし、水に浸したものはモロモロとして崩れやすいので少し柔らかくしてから使います。

 

同様の製品で魚粉性能を強くした製品にヘラブナ釣り用のペレット餌 粒戦というエサがあります。

 

こちらも水につけておいてふやかして使います。

しかし、ペレットの粒自体がかなり小さいため、魚を釣るというよりは魚を寄せてくるようなエサになります。

 

 

イクラ

 

渓流のニジマス釣りなどではよく使われる餌の一つです。

 

醤油漬けにされていない天然のイクラであれば使用できます。

釣り用に改良されたイクラもあります。

釣具店では冷凍や冷蔵コーナーに置いてあることが多いです。

 

餌にイクラを使用する際の注意点として、ハリにつけたイクラが白くなったら交換しましょう

一度ハリにつけたイクラをそのまま何度も使用している方が多く見受けられます。

そのままでも釣れないことはないのですが、やはり釣果は怠ります。

新鮮で中の赤いドロッとした液体が残っている状態が最もニジマスが反応します

 

イクラが白くふやけて中の液体がなくなったら交換目安です。

 

ミミズ、赤虫

 

イクラ同様に釣具店の冷蔵コーナーに置かれていることの多い餌の一つです。

虫エサと呼ばれ、ニジマスだけでなく主に川魚全般に好まれる餌です。

生きたエサですので、非常によく釣れる餌です。釣り場によっては活き餌は禁止されていることも多いので、事前に使用可能か確認しておきましょう。

 

オキアミ

海のエサとしてはよく使われるオキアミもニジマスの餌になります。

エビのような形状をしていますが、実は動物性のプランクトンの一種であるオキアミは、釣具店では冷凍コーナーに置いてあります。

パックに入っている小型のものや、3キロ入りの大袋のものまであります。

 

一般に小分けのパックになっているものは、集魚成分が添加されており、オキアミが見崩れをするのを防ぐように加工されています。

 

そのため、釣り針につけるオキアミはこのパックに入ったオキアミがおすすめです。

たんぱく質やミネラルなど栄養素の多いオキアミは、ニジマスの好む餌の一つです。

 

ただし、川魚にとっては普段食べなれていないエサのため、最初は警戒するかと思います。ハリにつけない状態で2,3個撒きエサをしてあげると安心してハリに付いた餌も食ってくるでしょう。

 

コーン

意外なことかもしれませんが、実はニジマスはトウモロコシ、コーンを食べます。

写真のような硬いコーンは なかなか食べないのですが、コーン缶のような柔らかいコーンはニジマスは食べます。

 

コーンのアミノ酸スコアは上に記載したオキアミと非常によく似ており、ニジマスにとってもおいしい餌なのです。

埼玉県のしらこばと水上公園で行われるニジマスの餌釣りでは、釣りエサにコーンを使用します。

 

イクラと違い、価格が安く、水を汚しにくいこともあって釣り場の管理者としてはいい餌なのでしょう。

釣れたニジマスのお腹を見てみるとしっかりとコーンを食べていたことから、餌としてコーンを認識していることがわかります。

 

濁った水中でも黄色の目立つ色のコーンは魚に見つけてもらいやすいメリットもあるようです。

個人的な感想ではありますが、その他の餌に比べて少し集魚力は弱いように感じます。

 

練りエサ

 

ペレット同様によく釣れて栄養価のある餌の練りエサは、普段からペレットを捕食しているニジマスにとっては違和感の少ないエサでしょう。

常温保存可能な淡水魚用の練りエサから、冷凍品まで様々ですが、内容はペレット同様に小麦粉などにオキアミや魚粉などを練りこんだエサになります。

小さく丸めてハリ先につけたり、ハリをエサで隠すようにして使います。

 

練りエサは重さがあるため、釣り場の底に藻がはえている場所では、藻に埋もれてしまい魚が食べることが難しくなります。

 

場所を選ぶエサではありますが、集魚性能は非常に高いエサといえるでしょう。

 

うどん

ペレット同様に主成分小麦粉のうどんは、ニジマスの餌になります。

うどん自体にコシがあるため、エサ持ちがよく、ハリにしっかりと残ります。

 

集魚能力はそこまで高くありませんが、白く水中で目立つため、魚が寄ってきやすい餌です。

うどんを使うのであれば、スーパーなどで販売されている50円ぐらいの安い袋麺で十分です。

裏技として、うどんに魚粉をまぶすというテクニックがあります。

ペレットを砕いた餌の粒戦 細粒 のような粉になっているペレットをうどんにまぶしてふりかけのようにして使います。


うどんのコシでエサ持ちがよくなり、ペレットの粉で集魚します。

 

まとめ

ニジマスは雑食性であるため様々な餌を捕食します。

管理釣り場によって禁止されている餌もありますので事前によく確認して餌を持って行くようにしましょう。

エサ釣りのコツとしては、こまめにエサを付け替えて新しいエサを入れてあげることで、釣果アップが期待できます。

回転ずしで、干からびた寿司ネタよりも新鮮な寿司ネタを選びたくなる気持ちは魚も同様です。

餌の種類も複数あれば数投ごとにローテーションさせてあげることで魚を飽きさせることなく釣り続けることができます。

ニジマスのエサ釣りで試してみてはいかがでしょうか。

 

 

-トラウト

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.