トラウト

トラウトトップウォーターのおすすめルアー厳選、釣れるルアーの選び方

トラウトフィッシングでは、スプーンやクランクなど様々なルアーを使いますが、使って楽しいルアーとしてトップウォーターが挙げられます。

 

水面にバコッ!とでるあたりでトラウトフィッシングを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

ここでは釣れるトラウトのトップウォータープラグをご紹介します。

 

水面は意識されやすい

管理釣り場のトラウトは、ペレットという人工飼料を食べて生存しており、生まれてからずっと水面に撒かれるペレットを食べています。

 

そのため、エサを食べ逃さないために、常に水面には意識が向いています。

エサはまだかなと待っている状態です。

 

また、魚の習性として、鳥などの空からの外敵から身を守るためにも自分の遊泳層よりも上には特に注意しています

 

そのためにトラウトの目は顔の上部にあり、上方向を見やすくなっています。

これらの理由から、水面を泳がせるトップウォーターの釣りは、トラウトに気付いてもらいやすい釣り方だということがわかります。

トラウトがお腹が空いている時には、特に有効な釣りとなります。

 

トップが有効な時

トップウォーターが有効な時は、夏場などの羽根の生えた虫が飛んでくる時です。

水面に落ちた虫は、トラウトにとっては最高の獲物です。

バタバタと動くことによって生じる波紋をトラウトは即座にキャッチします。

 

トップウォータープラグを使う際は、この水面に落ちた虫をイメージするとトラウトがスーッと寄ってくるでしょう。

 

波紋を出すことでトラウトを寄せることができるため、トップウォーターの釣りでは水面が穏やかな日が最適です。

 

風や雨などで、水面で動くルアーの波紋が、かき消されてしまうとトップウォーターの特性が半減してしまいます。

トップで使うライン

 

トップウォーターの釣りでは、ラインの伸縮性や比重を考える必要があります。

 

ナイロンラインや、フロロラインよりもPEラインやエステルラインをおすすめします

ナイロンや、フロロでも問題なくトップウォータープラグを使うことはできるのですが、アクションをさせる際には、軽く低伸縮のラインの方がキビキビと動き、細かいアクションがしやすくなります。

 

特にトップの釣りでは、魚がルアー近くまで寄って来た時に、わずかなアクションでリアルさを演出する必要があります。

そんな時にはPEやエステルラインは非常に使いやすいラインだと言えます。

 

トップウォーターのアクション

トップウォーターのルアーアクションは、慣れないうちは、リップ付きのトップウォータープラグを使用して、ゆっくりとただ巻きをしてみましょう。

 

ギリギリルアーが泳ぐかどうかの速度で巻いてくるのがいいでしょう。

 

次にポッパータイプのトップウォータープラグを使ってみましょう。

竿先をチョンチョンと動かして、水をポッパーが吐き出すようなイメージです。

巻いて、止めて

また、巻いて、止めて

のリズムを繰り返します。

 

トラウトが後ろに迫っても同じリズムで繰り返します。

 

止める時間を長くとってみたり、

ポコッ、ポコッと連続して巻いてくるのもいいでしょう。

 

その日のヒットパターンを探してみましょう。

 

フッキングテクニック

 

トップにボコッ!っとアタリがでるとつい、慌てて強くフッキングしてしまいそうになりますが、ここはグッとこらえましょう。

 

バスフィッシングであれば、ワンテンポ遅らせて強めのフッキングでも問題ないかもしれませんが、トラウトフィッシングでは、トップに出た後にも他の魚も追い食いしてくる可能性もあります。

 

トラウトフックは細く刺さりやすいため、そこまで強いアワセをしなくてもフッキングしてくれます。

あわせは軽く、巻きアワセをするようにして、フッキングしなくても次の誘いになるようにするといいでしょう。

 

おすすめのトップウォータープラグ

ここでは使いやすいおすすめのトップウォータープラグをご紹介します。

キャールフロート ジャクソン

魚がライズしている時や、雨の降り出し時など、軽快なポップ音が水面を意識したトラウトを誘い出します。

連続トゥイッチからポンピングまでできる可愛いトップウォータープラグです。

 

スピッシュ25

25mmという小ささの中に、限界ギリギリまでエアルームを作ることで、小型ながら驚異の浮力を持ち合わせており、フロントカップとサイドのスリットによって強烈なスプラッシュを作り出します。

 

カーディフふわとろ トップ

とにかくゆっくり巻いても泳いでくれるトップウォータープラグです。

それゆえにトラウトに見つけてもらいやすく、1投中での誘える時間も長くなります。

 

あまりにゆっくり巻けるので、ついトラウトが追いかけて、ついばんでいきます。

巻いていて面白いルアーです。

 

フカダマ25 ノリーズ

こちらも超デッドスローで巻いても泳ぐトップウォータープラグです。

付属ブレードが微弱な縦の波動を作り出し他のトップウォータープラグには出せない、縦波動と巻きによる横波動でトラウトにアピールします。

ストップ&ゴーやただ巻きで、特別なアクションを必要とせず、なげて巻いてくることでアピールできるプラグです。

 

ルアーカラー選び方

トップウォータープラグのルアーカラーの選び方としては、クリア系の色とペレット色、ブラックがおすすめです。

 

 

クリア系のカラー

マットクリアやクリアラメなどは、トラウトにカラーで飽きさせることが少ないカラーです

ただし、水面で見つかりにくいデメリットもあります。

魚影が濃い釣り場であれば、クリア系のカラーは長く連れ続く可能性が高くなるため、魚数を見てカラーを選択するのもいいでしょう。

ペレット色

前述した通り、管理釣り場のトラウトはペレットを主食としています。

上から降って来たペレットと誤認してバイトすることはよくあります。

ペレットタイムと呼ばれる食事時や、食気がたっているときには、ペレット系の色で爆釣することもあります。

タックルボックスには入れておきたいカラーです。

 

ブラック系

曇りの日や、雨の降っている日など、太陽の光量が少ない時に有効です。

ブラックカラーは、水中から見るとシルエットがハッキリと水面に映し出されるため、トラウトが曇天の日でも見つけやすくなります。

 

まとめ

トラウトのトップウォータープラグについてご紹介してきました。

釣り場や状況に応じて、トップウォーターが1番釣れたということもありますので持っておいて損はないでしょう。

トップウォータープラグにも様々なタイプがありますので、あなたのお気に入りのトップウォータープラグを見つけてみてください。

 

 

-トラウト

Copyright© FISHING-FISHING , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.