クロダイ・チヌ

爆寄せチヌの配合は?ブレンドと評価。集魚剤の中でも高集魚のコマセ間違いなし

2019年4月20日

名前の通り、チヌを寄せるために開発された爆寄せチヌの配合とブレンドを見ていきましょう。

よくチヌフカセをする方は、マルキューの爆寄せチヌを愛用している方も多いのではないでしょうか?

私は始めて行く釣り場はこれかチヌパワーを欠かさずに持っていきます。

強力に寄せることに特化した製品

爆寄せチヌの能力は、本命のチヌを寄せること、そして食わせることに優れていることでしょう。

ハイパワードリップというマルキュー独自開発のエビ等のドリップに加え、チヌの好物とされる酵母の新MP酵母を配合してあります。

評価される点(メリット)

爆寄せチヌの優れた点は、集魚力と前述しましたが、それは配合された成分だけではありません。視覚効果の高い赤と緑のタブレットが含まれていることも大きな要因でしょう。

水中ではこのタブレットがヒラヒラとルアー効果を出しながら落下していきます。

商品画像2

さらに目立つ特徴は、ムギやコーン、カキガラといった白系の粗い粒子も綺麗に落下していきます。上から落下してくるものに興味を示すチヌは、このムギやコーンに魅了されるわけです。

デメリット

これと言ってデメリットにはならないかもしれませんが、高集魚性能ゆえにボラや外道も寄ってしまいます。

そこにチヌがいることに確証が持てるのであればわざわざ入れる必要はないかもしれません。

単品で使用可能?

爆寄せチヌはそれ単品で水を加えて使うことは少し難しい製品です。

オキアミを1kg~2kg は入れたいところです。

 

単品で使用する場合は、チヌを寄せることは可能になっても、サシエを食わせることが難しくなります。

海中の煙幕の中に、オキアミが一匹だけ浮いていたら違和感に感じませんか?

オキアミも一緒に撒いて、このオキアミは安全ですよ、食べられますよとチヌを惑わしたところで、針のついたオキアミを食わせることでフカセ釣りが成立するわけです。

 

爆寄せチヌ1袋+オキアミ1~2kg +海水1200CC (粘りや扱い易さを見ながら調整する)

 

爆寄せチヌのブレンド紹介

爆寄せチヌはブレンド性能に優れた製品です。他の配合エサとブレンドして更なる効果を発揮してみましょう。

高集魚万能型ブレンド

爆寄せチヌ1袋+オキアミ1.5kg + 激荒1袋 +海水1,200cc

激荒のさなぎの匂いでさらに遠くからチヌを寄せます。

底に集めて釣るブレンド(ポイント釣法)

比重のある配合エサで底にポイントを作り一点でチヌをかける釣り方に向いています。

沈め釣りやポイント釣法で使用できます。

粘りをつけたいため、混ぜ合わせた配合はしっかりと混ぜ込み、配合エサの間に含まれる空気を抜いてください。

そうすることで遠投が可能になり、さらに、思ったポイントに早く沈んでポイントを形成します。

チヌパワー激重1袋+爆寄せチヌ1袋+オキアミ1.5kg+激荒一袋 +海水適量。

濁りのブレンド

透明度の高い釣り場で有効なのが、濁りを作り視覚的に魚を寄せてくる方法です。

濁りの煙幕の中にサシエを流して食わせるようにします。ブレンドは

爆寄せチヌ1袋+チヌパワーV10白チヌ1袋 +オキアミ2k +海水適量

まとめ

爆寄せチヌは、それ単品にオキアミを加えただけでも使えるエサです。

ただし、底にエサを溜めたり濁りを出したりすることはこれ単品では難しいため、他の配合エサの能力を借りることになりそうです。

ブレンド性能に優れているため、普段お使いのチヌエサに加えてみるのも良いでしょう。

 

チヌ・グレ釣りの時合いを紹介。いつ、どんな時に釣れるのか?

当記事が参考になりましたら 釣りブログ応援クリックをお願い申し上げます。   にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村

-クロダイ・チヌ

Copyright © fishing-fishing.com , All Rights Reserved.