海水の釣り

釣り人の手荒れと皮剥けの原因と対策

2020年1月14日

時期を問わず、釣りをする人で、手の皮が剥ける、荒れてしまうと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

特に海の釣りをする人に多いこの手荒れは何が原因なのでしょうか、またどのように対策していくとよいでしょうか?

手荒れの原因

海釣りをした1週間後ぐらいに手の指に小さなマメが潰れたような、皮がめくれた状態になっていることに気づきました。

 

最初は、磯場で傷をつけたかなと思ったり、魚のヒレが刺さったのかなと思っていましたが、そこから皮がめくれはじめ、指先全体の皮がペロリと剥けてしまうようになりました。

 

いろいろと調べた結果、わかった原因は、フカセやサビキなどで使っているオキアミが指の皮を溶かしていることがわかりました!

 

オキアミが原因

皮膚科に行ってみても原因がわからず、ストレスか皮膚病かと思っていましたが、ある時、釣りの1週間後に必ず手荒れが起こっていることに気がつきました。

これは何かの酵素じゃないかと考え、原因を探すとオキアミにはタンパク質を分解する酵素が含まれていることがわかりました。

 

原因となっている酵素はプロテアーゼと言われています。

 

このプロテアーゼという酵素によって、オキアミは変色して黒くなったりします。

 

オキアミは生物学的には動物性のプランクトンに分類されます。見た目はエビのようですが、プランクトンの一種なのです。

 

 

オキアミに添加されている保存液や集魚剤が、手荒れの原因かと思われましたが、実はそうではなく、オキアミ自身が持つ消化酵素によって指のタンパク質が分解されていることに気が付いました。

 

 

消化酵素であるため、ボイルしてあるオキアミであれば、少しはマシになるようです。

 

予防方法

釣りをする上でできる限りオキアミに触らないようにエサを混ぜ合わせたりするようにしてください。

 

 

付けエサも針付けしたらしっかりと手をふき取るか洗うようにしておくとよいでしょう。

 

ガードバリア 皮膚保護バリアクリームを釣行前に使うと手荒れの心配が軽減します。

 

 

 

ガードバリアは、水洗いの仕事が多い飲食関係や医療機関などでも使用されており、頻繁に水を使ったり消毒を繰り返す方の手のダメージ軽減してくれます。

 

水だけでなく、自動車整備や塗装、印刷関係などハンドクリームでは対応できないときに活躍します。

 

使われている場所:釣りだけでなく、病院、クリニック、歯科医院、介護施設、ガソリンスタンド、理容室、クリーニング店、園芸、印刷、塗装などさまざまな分野で、手を保護するために使われています。

 

 

使い勝手

ジェル状の液体で、乾きもはやくなじみこみもいいと感じました。

 

海水に濡れてもタオルでふき取っても問題なく効果が持続します。

 

これで手荒れの心配なく釣りに集中することができるようになりました。

 

釣りを終えたらしっかりと石鹸で手洗いを行い、保湿することを忘れないようにしましょう。

 

 

-海水の釣り

Copyright© FISHING-FISHING , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.